本気で介護職を始めたい人が知っておきたい求人の探し方

介護の求人は多いけれど

介護職の求人は多いです。介護系の資格を持っていればスムーズに就職できることが多いですし、資格がなくてもやる気があれば職に就くことも可能です。介護職に就きたいというなら、とりあえず仕事はあるという現状です。ただ、どこに就職しても内情は同じかというとそうでもありません。お給料はもちろん違いますし、仕事内容も異なるでしょう。また一言で老人ホームと言っても介護保険系や健康保険系の大型老人ホームや、小規模型の老人ホームなど様々な業態が存在します。一概にどれが大変とは言い切れませんが、仕事に就いてからこんなはずではなかったとならないように、求人に応募する前に、その老人ホームについてしっかりと調べておく必要があります。

本当にやりたい内容か確認

老人ホームに務めると言っても、仕事内容は一つではありません。いわゆる介護職だけでなく看護職、事務職など様々な職種があります。自分は現場が嫌だから事務系がいいと言って仕事に就いても現場に手伝いに出されることもあるでしょうし、介護職とはいっても記録などノートをとるのは当たり前ですし、研修などに出ることもあるでしょう。この職種がいいからという理由ではなく、介護をしたいからという理由が上に立っていないと、途中でくじけてしまうかもしれません。実際に就職する前に、一度その施設を見学すると後でこんなはずではなかったとはなりにくいです。老人ホームにお住いの高齢者の日々の姿や、スタッフの姿を見ればその施設はどんな雰囲気なのかうかがい知ることはできるでしょう。就職する前に一度でいいので施設を見学することをおすすめします。

介護の求人に申し込みをする際には、それぞれの施設の仕事内容や職場環境、賃金形態などを比較しましょう。