一人暮らしでマンスリーマンションを選ぶ場合

マンスリーマンションの特徴を知っておこう

賃貸住宅を借りて一人暮らしをする場合には、保証人がいない場合もありますし、初期費用を十分に集めることができない場合もあります。そのような場合には、マンスリーマンションに住むのがよいでしょう。マンスリーマンションとは1カ月契約のマンションで、一番の特徴といえるのが初期費用が安いことですね。普通の賃貸住宅であれば、敷金や礼金、火災保険などの初期費用を支払いますが、それだけで毎月の家賃の5カ月分ぐらいになってしまいます。ですが、マンスリーマンションであれば、初期費用はほとんどかからないため入居しやすいのです。さらに保証人も必要がないため、今まで保証人がいなくて審査に通らなかった人でも、入居しやすいのが特徴と言えるでしょう。

快適にマンスリーマンションを利用するために

では、実際にマンスリーマンションを借りてみるとどうでしょうか。マンスリーマンションはビジネスホテルのような形になっています。つまり、電化製品や家具などはすでに用意されており、わざわざ購入する必要がありません。しかも引っ越しをするときに家具や電化製品がないだけでもかなり荷物が軽くなります。自家用車でも運べるぐらいの荷物の量になるでしょう。そういう意味ではかなりお金を節約することができます。また、少しお金をかければクリーニングサービスといって、業者の人が部屋のクリーニングを定期的に行ってくれます。忙しくて部屋の掃除をする時間がない人であれば、積極的に利用してみてもよいでしょう。

マンスリーマンションとは基本的に1週間から数ヶ月程度の短期的な滞在の為に利用されるマンションの事です。