子育てと仕事を両立したい人にオススメする働き方

子育てと仕事のどちらも選びたい時に

今は女性も社会進出をして、仕事に情熱を持っている場合が多いですよね。結婚しても共働きが当たり前になって、子供を産んで子育てがはじまっても、できれば働き続けたいと考える人が増えています。ただ子育てと仕事の両立は想像しているよりも難しく、ストレスや家庭内不和に繋がってしまう恐れもあるのです。そこで大切になってくるのが働き方で、子供が小さな頃はフルタイムは難しいので時短勤務などの制度を使ってみるといいでしょう。これは3歳までの児童がいる人に認められた就業方法で、フルタイムの8時間から6時間に短縮して働くことが許可されています。特徴は将来の年金や福利厚生においてフルタイムと変わらないので、安心して働くことができます。

パートや派遣といった働き方も視野に入れる

結婚して夫が大黒柱として経済的に安定しているなら、子育て中はパートや契約社員として時間給で働くのもいいかもしれません。保育園に預ければ問題ないと思うかもしれませんが、小さな子供は体調を崩しやすく、何よりも可愛い盛りの我が子と触れ合えないのは切ないことです。経済的に安定していれば、一時的にそういった働き方を選んでもいいでしょう。自分にとって大切なものが何かを考える、これが重要になってきて、子供と一緒に過ごす時間もかけがえのないものです。それだけに後悔しない選択が重要になってきて、仕事だけではなく子育ても大切だと自覚することが必要になります。それを考えると、働き方も分かってくるはずです。

シングルマザーの仕事とは、離婚・未婚・または死別などのさまざまな理由により、一人で子どもを育てているお母さんが就く仕事のことです。