希望している人物像を理解させる!?求人票での記載方法

応募は簡単だがアンマッチが多い

今ではインターネットで簡単に転職先を見つけて応募できる環境になっています。勤務地や希望業種や希望職種以外にも自分が希望する勤務形態や給与額の目安を入れることで条件にマッチした企業が検索できるようになっています。そして条件に合った企業の履歴書等を送付しますが面接までいけないことが多くあります。その理由のひとつには企業側が欲しい人材ではなかったということです。

企業が欲しい人材の条件を記載できない

今の求人票においては男性や女性といった性別を記載することも、また年齢を記載することも自由にできなくなっています。職種や待遇面が希望通りのものであっても実は企業は若い人を希望している場合には、中高年の人が応募しても面接までいく可能性はほとんどないのです。このような応募のアンマッチが非常に多くなっています。当初は男女雇用機会均等法を端を発し、応募者を広く募るようにと仕向けるために条件を記載しないことになったのですが、これが逆に応募者に対して無駄な作業を課していると言えます。企業側が希望している性別、年齢がマッチしていないにもかかわらず履歴書や職務経歴書を書いて切手を貼って郵送するという時間的、経済的な負担が応募者にかかります。

欲しい人材を理解してもらう記載方法

そのため企業側も求人票には記載できない条件を間接的に記載するようにして応募者に理解してもらおうとしています。何歳代の社員が活躍中と記載すればそのような年齢層を希望しているとわかりますし、女性が活躍中という記載があれば女性を希望していると判断がつきます。

ネットワークエンジニアの業務内容は、各IT企業の事業によりますが、本格的にキャリアアップを目指すうえで、研修制度が優れている職場を選ぶことが大切です。