保育士さんの仕事内容は?どうしたらなれるの?

保育士さんの一日の仕事

子供たちが登園する前に出勤して、受け入れの準備(掃除など)をします。

子供たちが登園してきたら迎え入れ、親御さんから昨日からの健康状態の聴取と体調チェック(体温測定等)を行います(体調により受け入れができない場合があります)。

子供たちが揃ったら、皆で元気に朝の挨拶をします。

午前中は、お遊戯、絵本の読み聞かせ、屋外での運動、近くの公園への散歩(夏場はプール)などをして楽しく遊びます(天候や季節により遊ぶ内容が変わります)。

お昼になったら、皆でお昼を食べて、その後、お昼寝をします。

子供たちが起きたら、皆でおやつを食べて、親御さんがお迎えにくるまで自由に遊びます。

延長保育も無事終わり、子供たちが全員降園したら、後片付けをして本日の業務が終了となります。

保育士さんになる方法

保育士さんになるためには、保育士の資格(国家資格)が必要になります。

保育士の資格を取得する方法は2つあります。1つは保育士養成課程(大学・短大・専門学校など)で所定の課程を修了すること、もう一つは保育士試験(難易度が高く、簡単な試験ではありません)に合格することです。

保育士さんのやりがい

子供たちを相手にする仕事であることから、基本的に体力勝負になります。また、親御さんからのクレームや過度の要求への対応などで精神的に辛さを感じることもあります。しかし、子供たちはみな可愛く、身近で子供たちの成長を見られることから、子供の成長を何よりのやりがいとして感じることができます。

保育士の求人を大阪で探す場合、主に二通りあります。まず府立の保育士(公務員)を目指す場合は、各府町村のHPで採用情報を探します。私立の保育求人は、ハローワークやその他求人サイトで探すことができます。