産業医ってどんなお医者さんなの?医療のあれこれ

産業医ってどのような人がどんなことをするの?

産業医は、医師であり企業の中で労働者の健康管理を行うものを言います。企業の労働者を対象としたお医者さんです。常時50人以上の労働者が働く企業においては、産業医の選任が義務付けられています。労働者の健康管理をすることにより、快適な労働環境を実現することに主眼のあるお医者さんです。

産業医の求人の特色はどんなもの?

産業医の対象とするのは、企業において働く労働者であることから、その企業と同じ勤務時間、休日、長期休暇に合わせた勤務体系となります。病院に勤務するお医者さんとは異なり、緊急での呼び出しや超過勤務労働は少なくなりますので、安定した働き方が可能となります。このような働き方を考えるお医者さんにとっては、産業医の求人にはメリットがあります。

巡回健診ってどんなこと?

巡回健診とは、企業等を回り健康診断を行うことを言います。内容としては、企業で働く労働者のVDT健診や特殊健診等があります。健診機関に出向かなくても、企業等にあって健康維持のために健康診断を受けられることは便利です。

医師スポット求人って何?

お医者さんも働き方がいろいろあります。自分で病院を開設し独立する人もあれば、ある病院に勤める勤務医師という形態もあります。また、勤めるにしても時間帯や内容によって選び、また、雇用形態も常勤ではなく非常勤を選択したりすることもあります。このような多様な働き方に応じた求人を、医師スポット求人と呼びます。

産業医と医師の働き方の関係は?

産業医が、企業にいて労働者の健康管理を行うお医者さんであることから、長時間・休日なしといった働き方とは異なり、医師の働き方の多様性を表すものの一つといえます。お医者さんにとっても働き方や労働環境は重要です。

満足度が高い産業医の募集を選びたいなら、応募要項を十分に見比べることが大切です。短時間勤務なのに高収入の募集もあります。平日の昼間や週末のみなど、さまざまなシフトが見受けられます。